iPhoneの機種変更をするとき、絶対に失敗したくないのがデータ移行。この記事ではiPhoneのバックアップから復元、そして初期設定の手順をわかりやすくまとめました。 iPhoneの発信履歴が残らない現象は、「iPhone本体の不具合」または「設定の問題」が理由で発生します。 また、発信履歴が残らない理由で対処法も変わってくるので心当たりのある対処法で試してみましょう。 また、iTunesでバックアップを行うと、通話履歴やカレンダーのデータなど、iCloudではバックアップできないデータも扱うことができるメリットもある。 iTunesを使ってバックアップ並びに復元する手順は、次の通りとなる。 1.パソコンとiPhoneを接続する それに、iCloudバックアップからiPhoneの通話履歴を復旧するときは、iPhone SE をPCに接続する必要はありません。 操作手順は以下のように: ステップ1:「iCloudバックアップから復元」をクリック→「Apple ID」と「パスワード」を入力→サインインをクリック

通話履歴が消えましたから困っていますか?バックアップがあったら、電話履歴を復活することができますね。なので、このガイドは、バックアップからiPhoneの通話履歴だけを復元する方法をご紹介します。 iPhoneから通話履歴を復元する場合は、このステップバイステップガイドで、iCloudまたはiTunesのバックアップから通話履歴を取得する方法(WhatsAppとSkypeでの通話を含む)を説明します。

iPhone版LINEのトーク履歴を一括でバックアップする方法です。 トーク履歴をバックアップするのにはiCloudを使用します。 トーク履歴のバックアップ方法 LINEを起動して画面下の「・・・」から右上に出てくる歯車をタップします。 「トーク・通話」をタップ。 iPhoneのトーク履歴をバックアップする iOSをご利用の方は、iCloudを使ってトーク内容のバックアップが可能です。 以下の項目を確認してください。 ・バックアップを復元する. 機種変更や端末を初期化した後、着信履歴、発信履歴などの通話履歴データを復元しておきたい人は多くいるでしょう。本記事では、iTunesとiCloudのバックアップからiPhoneの通話履歴を復元する方法を … スキャン完了後、全ての通話履歴が表示されます。全てを選択、または復元したい通話履歴を選択して「パソコンに復元」をクリックします。 バックアップしていなかったiPhone着信履歴であっても、このiPhone着信履歴復元ソフトでは簡単に復元できます。 iPhoneから大事な着信履歴(通話履歴)が消えてしまいましたか?ここでは、iPhoneの着信履歴が勝手に消える原因と、バックアップの有無を問わずiPhoneで消えた着信履歴だけを復元する3つの方法を紹 … iTunesを使ってiPhoneのバックアップを作成すると、通話履歴・写真・連絡先など重要なデータのほとんどすべてがパソコン内に保存されます。 iPhoneを新しく買い替えた時や故障して端末を交換した時には、このバックアップを使ってiPhoneを元の状態に「復元」することができます。 ども、Apple Geek です!今回は iPhone 初心者でも簡単にできる通話発着信履歴を削除、復元する方法をご紹介します。家族と共有で iPhone を使っていたり、「彼氏や彼女・鬼嫁に通話履歴を見られたらマズイので通話履歴をチクイチ削除したい!」という方は多いと思います。 通話履歴の詳しい内容を確認できるので、復元したいものだけを選択できる。 通話履歴だけをバックアップから抽出して復元でき、他のデータに影響を与えない。 通話履歴だけでなく、連絡先、カレンダー、写真などのデータも個別に復元できる。