これで、Windows7をディスクから起動→再び「スタートアップ修復」で直る・・・ようですが、私の場合は ダメ でした。 何度かやったら復旧したという話もあったのですが、結果は同じ。 またも失敗、修復 … Windows7のシステム回復オプションを実行するシステム修復ディスクの作り方を解説します。トラブルが発生する前に作成しておくのが確実ですが、ディスクがない場合は別のパソコンで作っても代用できることがほとんどです。 お客様からのお問い合わせが多い内容をQ&A形式でご紹介します。ご質問内容:リカバリーメディアから起動できない時の対処方法(Windows Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 8.1) システム修復ディスクがあれば、Windows 7/Server 2008 R2が起動できなくなっても、システム修復ディスクから起動して、「スタートアップ修復」や「システムの復元」などの修復作業が実行できる 補足日時:2014/01/28 16:32 電源ランプが点灯したら、すぐにシステム修復ディスクをセットします。 以下のようなメッセージが表示されたら、キーボードの [ Enter ] キーを押します。 ※ キーボードを押すのが遅かった場合は、Windows 7 が起動後、システム修復ディスクを ② BIOSで、光学ディスクドライブの起動優先順位を最上位に設定 [③~⑤ Windows7ディスクの読み込み] ③ Windows7インストールディスク または システム修復ディスク を 光学ディスクドライブに入れて再起動 ④ press any key が表示されたら システム修復ディスクの作り方と注意点 「Windows ブート マネージャー」が起きているパソコンで「システム修復ディスク」を作成することはできません。その代わり、正常に起動する Windows7 のパソコンで作成することができます。 Windows7が起動してくれないときの強い味方となるのがスタートアップ修復です。そのスタートアップ修復が原因でWindows7が起動できないときの対処法、スタートアップ修復しても起動できないときの対処法についてご紹介します。 システム修復ディスクの作り方.