Macで自動ログイン(パスワード入力を省略)する方法を紹介します。 Macをひとりで使っていて、持ち歩くこともない。そういった場合は、毎回毎回パスワードを入力するのがめんどくさいので、パスワード入力を省略する「自動ログイン」を設定しましょう。 自動入力を無効にして、保存されている情報を削除するには: アクションメニュー> [設定] と選択し、[自動入力] を選択します。(アクションメニューは Safari ウィンドウの右上隅のあたりにあり、歯車のように表示されます。 特にMac標準の日本語入力は、ちょっと癖のある予測変換をしてくれるんですよね。 今回は、Macでの予測変換機能の削除の仕方をご説明します。 標準の日本語入力のほか、Google日本語入力の予測変換削除方法もご紹介しますよ! 記憶と削除. 入力履歴を「imeの予測入力」を使用すると辞書にないような言葉や頻繁に入力する言葉をササッと変換することができるようになります。 ただ、プロジェクターを使ったプレゼンや人の前で、imeを使った入力作業をするときには、注意しましょう! ブラウザにはフォームに入力した ID、アカウント、メールアドレス、パスワードなどの情報を記憶する機能があり、Internet Explorer(IE)ではオートコンプリート、他のブラウザでは自動入力などと呼ばれている。記憶する情報は主に2タイプある。 削除方法は簡単です。以下のように、自動入力候補が表示されたら、マウスポインターを入力候補に合わせると反転されます。その状態でWindowsの場合は 1 Shift + Delete キーを押しまと、入力候補が削除されます。 Macの場合は shift+fn+delete キーを押します。 Macで自動入力を削除する 最も簡単で最速の方法 あなただけでこの仕事を成し遂げることができるので専門家との助けを得る必要はありません。 パート1:Mac上でオートフィルを削除する方法 パート2:Mac上で自動入力を削除するための代替方法 パート3:結論 Google Chromeでフォームに入力したIDやパスワードの自動入力候補を個別に削除する方法を紹介します。Webサイトの入力フォームにIDやパスワード、メールアドレスなどを入力すると、自動入力候補の情報として記録されます。次回以降、同じ