漢字「鴇(とき)」が「七十鳥」なのはなぜですか? 鴇 の偏の側は 七十 ではなく、匕(ヒ) と 十 がたてにつながっています。匕 は狭いところに差し込む意味を持っているようです。匕首(あいくち) か …

「シ」や「ス」は、「カラス」や「ウグイス」「ホトトギス」など鳥を表す接尾語「ス(シ)」で、朝鮮語に由来するといわれる。 漢字の「雉」は「隹(とり)」+「矢」で、真っ直ぐ矢のように飛ぶ鳥を …

烏賊(イカ)は海の生き物なのに、漢字書くとなぜか烏の文字を使います。この由来なぜなのでしょう?海鳥でもない烏の意味、不思議だと思いませんか?イカだけでなく、タコにも虫ではないのに虫偏のついた「蛸」を使います。気になるこれらの由来をご説明。 【トリの語源・由来】 トリは、元々、寄席の用語。 寄席の興行収入は寄席の経営者側と芸人のギャラに分けられるが、ギャラは最後に出る主任格の真打が全て受け取り、芸人達に分けていた。 そもそも鳥という漢字は、鳥の姿から連想して崩され作られています。 カラスは色が真っ黒でどこに目があるのかわかりません。 そこで、字の成り立ちから更に、 目が分からないので目を表す部分を一本を取った と言われています。

次は「鶯」という漢字に注目してみましょう。 下の部首は皆さんご存知の「鳥」そのものを指しています。 上の部首は「栄」や「蛍」などの冠の古い形です。 漢字は読み方とは違う由来. 鳥の 将(まさ)に死せんとす、その鳴くや 哀(かな)し(とりのまさにしせんとすそのなくやかなし) 鳥居(とりい) 鳥 威(とりおどし) 鳥籠(とりかご) 鳥 兜・鳥 甲(とりかぶと) 鳥肌・鳥 膚(とりはだ) 鳥目(とりめ) 鳥 黐(とりもち) 〈鳥臓〉(ももき)