主天使のヴェール(自分用)*4、航海学博士論文*2、オレイカルコス*5、銀のタロット*5、 石の聖杯*3、沈没船の断片地図*7、失われし古代の天球儀*5、巨匠の大工道具*25、 特優フルリグドセイル: 失われし古代の天球儀*3: 300~399: 指導研究者褒章 アイデア造船所として特殊船型(3胴・4胴型など)を開発・建造しているユニークな造船所の石田造船ウェブサイト。企業情報、新造船の建造実績、修繕実績をご紹介。 鳥之石楠船神(とりのいわくすふねのかみ)は、日本神話に登場する神であり、また、神が乗る船の名前である。 別名を 天鳥船神 (あめのとりふねのかみ)、 天鳥船 (あめのとりふね)という [1] 。 バイキングはこの石を使って船の方位を把握していた可能性があるという。 ... この点に関しては、物理学でも答えが出ないだろう。 今回の研究の詳細は、11月2日公開の「Proceedings of the Royal Society A」誌オンライン版に掲載されている。 船の積載量や木材の体積を表すときには、1石=10立方尺(約278リットル)としている。 明治時代を迎え、米1俵が4斗と規定されて、2.5俵が1石となった。 地質学的にも解明されていない点の多い謎の「赤い石」。 この石がはるか古墳時代に860キロも離れた大和の地へ運ばれていた…馬門石は現代人のロマンをかきたててやまない「謎の石」なのです。