就活中のメールのやり取りは形式や言葉遣いに配慮しなければなりません。この記事ではオールコネクトの人事が、就活メールの返信をする際の基本的なマナーと書き方、シチュエーション別の具体的な例文を紹介していきます。 【全場面対応】就活に必要なメールの例文・テンプレを全て網羅しました!例文を参考にすれば、誰でもマナーを押さえた正しいビジネスメールが書けるようになります。返信の仕方、お礼メールの書き方、辞退メールの書き方…全て網羅しました! 就活の書類選考に無事通過すれば、次は面接です。面接を受ける前に、企業の採用担当者に面接日程調整のメール返信をしなければなりません。 直前になって慌てることがないように、あらかじめメール返信の正しいマナーを身につけておきましょう。 面接日程の返信メールが来ない場合、最後の連絡から1週間程度、返信予定日がわかっていればその日から2日くらいは待ってから、電話かメールで担当者に問い合わせてみましょう。 何回かメールのやりとりをしている場合や返信メールを送るときでも、必ず始めに挨拶と自分の名前を名乗ることが社会人としてのマナーです。 ④ どこで病院の情報を得たのかを書きましょう。 就活メールでは、考える時間が必要だったり、日時調整が必要だったりして、返信するのが24時間以上かかりそうなんてこともありますよね。 その場合には、返信をせずに相手を待たせるのではなく、時間をもらうための返信をするのがマナーです。