月々の給与から社会保険料が控除されていますが、年末調整ではこの他に国民健康保険料の控除を受けることもできます。控除を受けるためには所定の申告書に必要事項を記入し、年末調整に必要な書類とともに会社に提出しなければなりません。 年末調整で国民健康保険料を社会保険料控除として申告される方へ その年の1月から12月までにお支払い(納付)された国民健康保険料は、年末調整の際に社会保険料控除として申告することができます。 国民健康保険料を支払っている人は、確定申告によって控除を受けられます。ここでは、確定申告で国民健康保険料の控除手続きが必要なのかについての確認方法や、国民健康保険料の控除によって還付を受けられる額の計算方法などについてご紹介していきます。 年末調整の 社会保険料控除 はその年の1月~12月に支払った(支払い予定も含む)社会保険料が 全額控除対象 となるとてもありがたい控除ですが、逆に、申告漏れがあるともったいない(汗)のでしっかりと書きたい項目です。. 1年間で納付された国民健康保険料は、年末調整や確定申告にて社会保険料控除として申告することで、翌年度の所得合計金額から差し引くことができます。 その際、国民健康保険料の納付証明書類の添付は必要ありません。

年末調整の書類の提出期限は会社によってさまざま。年1回のことなので控除が漏れてしまうことも。年末調整での控除のし忘れはいつまでに訂正できるのでしょうか。年末調整が間に合わなくても、最終的には確定申告をすれば控除ができます。どのぐらい前の分までさかのぼれるのでしょうか。 以前、職場で「母親の国民健康保険料(税)を自分が支払っているけど、年末調整のときに社会保険料控除の欄に記載していいの?」という質問を受けたことがあります。これから年末調整の時期を迎えますが、同じような疑問をお持ちの方もいると思います。
年末調整で国民健康保険料の支払いがある場合には、社会保険料控除として支払った金額を所得から控除することができます。 その際、どの書類にどう書くか? 通常会社員は厚生年金保険に加入していますが年の途中に入社した場合など、いくつかのケースでは国民年金保険料も支払っている場合があります。そのため年末調整で国民年金保険料の控除を受けたいという従業員の方がいるかもしれませんが、間違いではありません。 妻名義の国民健康保険の保険料であっても、会社員である夫の所得から控除できるんです。妻と夫を比較して、税率が高い(収入が多い)ほうが、保険料を支払えば、節税できるんです。