〈ルアーマン701 ... 秋から冬の低活性時 トロ場などに潜むビックトラウト専用スプーン。 ... ブレイドは極限まで最小にシルエットを小さくすることで低活性のトラウトを意識した、非常に使いやすいスピ …


初心者と上級者で圧倒的な釣果の差が出るエリアトラウト。その差は持っているルアーの種類とカラーの多さによるところが大きいです。この記事ではエリアトラウトにおすすめのルアーやカラー選び、ルアーローテーションのコツをご紹介します。 では、低活性時はどう狙えばいいでしょう。冬によくある傾向ですが、もちろん夏の浅いエリアでもあります。魚はいるのに口を使わない状態で、ルアーを追いません。こんなとき、強い … 低活性時の攻め方. クリアウォーターは勿論、日中の低活性時、その煌きと色で、近くの魚を反射的に振り向かせる定番カラー。 抹茶: 濁りの入った時や朝夕の暗い時に有効。表の緑と裏のホワイト、色の違いで動きを見せて …

低活性なヒラメはルアーを追わない. 活性が低い状況でのヒラメ釣りは結構難しいもので、基本的には アピール力が中くらい以下のルアーをメインにゲームを組み立てる。 2019年2月10日、愛知県でのメジャー管理釣り場、北方川釣り体験場へ友人と一緒に行ってきました。 結果は最初2時間ノーバイトでしたが釣れるパターンを発見してからは入れ食い!結果、休日激混みの中、20匹以上の釣果となりま… ルアーメーカー JACKALL ジャッカル TIMON(TROUT) 鱒(マス・トラウト)釣りルアーのページです。琵琶湖の湖岸に本拠地をもつJACKALLより、鱒(マス・トラウト)のルアーの使い方や攻略法・釣果などを動画、ブログでご紹介します。

いろいろなトラウトが放流されている管理釣り場は、ニジマスとニジマス以外の魚に分けて戦略を立てることが好釣果の第一歩になります。 ニジマスはその日の活性(食い気)でタナを変えるので、まずはタナ探りから始めるべきです。ズバリ!

ルアーセレクトやカラーセレクトは、魚の習性や食性、ベイトの特長ともからんでくる。 (ベイトが稚魚なのか虫なのか?その発生時期は?ベイトのいる場所は?などや、対象魚の捕食の状況は?産卵期に向けての食性や活性の変動は?とか...)
渓流トラウトのルアーカラー(ミノー・スプーン)について 私見を書きたいと思います。 渓流トラウトでカラーなんて関係ないよ。何でも食ってくるよとか言う人がいるかもしれませんが・・・ 誰も入らな …