日本人の主食であるご飯。 炊飯器で簡単に炊けますけれど、どうしても余りがち。 大家族では炊き過ぎしまうし、急に外食になったりすることもありますよね。 余ったご飯の保存は冷凍するのが一番美味しさを損ないません。 炊飯器の保温機能を使って保存すると、時間が経っても温かいご飯が食べられて便利。 しかし、温度は温かくてもご飯の水分はどんどん放出されてしまうので、炊き立てに比べるとどうしても乾燥して硬くなってしまいます。

できるなら炊飯器に入れたままご飯を保存したいときは、再加熱機能がおすすめです。 再加熱機能という機能がついている炊飯器があるので、保温を長時間続けるのではく、保温を止めて、食べたい時に再加熱をすると、水分がなくなることが ご飯の保存方法の違い!冷蔵庫と冷凍庫と炊飯器どれがいい? 2018年9月11日 ご飯の保存方法の違いについてお伝えしています。 ご飯が余ってしまったり、多めに炊きたい人にはどのような方法がいいのでしょうか? 炊飯器を保温にした場合 お米を炊いた後、炊飯器の保温機能を働かせた場合、保温しないで炊飯器内でご飯を保存するよりも雑菌の繁殖を抑えることは出来るそうですが、長い時間利用するのはあまり得策ではありません。 炊飯器を購入するお客様でよく気にする機能が保温。保温時間は炊飯器によって違ってくるが長く保存をしたままだとうご飯の味が落ちてしまう可能性がある。ではいつまでがおいしいご飯を食べることができるのか? 炊いたご飯が余った場合、炊飯器の保温は消しますか?そのままにしますか? 主婦の方や一人暮らしの方にお聞きします。 我が家ではご飯が余った場合、炊飯器の保温機能は消してしまい 冷めたら別の容器に入れ替えて冷蔵庫等に保管します。